色へのこだわり - ホットロッドカスタムのことならおまかせのAbe's アベ自動車

ホットロッドカスタム

色へのこだわり

ホットロッドならおまかせ!Abe'sアベ自動車のこだわりポイント!
1、お客様のオーダーによってペイントの方向性を選択

まずお客様との会話より、フィニッシュの形をどうするかをあらかじめ決めておきます。方向性には大きく分けて2つあり、例えばホットロッドカスタムショーなど何かのイベントに使用する場合の基本的に魅せる車、つまりショーカーであれば、「ミラーフィニッシュ」を目指します。
クリアでつるっつるにした後に、さらに覚悟を決めてペーパー→コンパウンドでひたすら磨きに磨きたおします。 逆に、19世紀前半~中盤の雰囲気、古めかしさや味を適度に出したいという風な「ヴィンテージ感」を重要視する方向性があります。その当時っぽく、塗装の肌を残したり、あえてクリアを吹かないソリッドペイント方式を採用したりします。
クリアは使いませんが、塗装に使用する塗料にいろいろ独自の細工をしたりして、その当時の独自の世界観を感じてもらえるように様々な工夫をしています。

2、主に外資系塗料を使用

文章そのままですが、基本的には主に外資系塗料を使用しています。外資系塗料と国産塗料を比較した場合、国産塗料が圧倒的に劣っているとは申しませんが、赤色の車に乗りたい時に、赤色にもいろいろありますが、本当の意味で「赤」、誰がどう見ても「赤」だと誰しにも言わしめるようなズバリの色を出したいと思った時、やはり塗料は外資系塗料の方がフィットする感じがありますので、主に使用しています。市場に流通している一般的な塗料の主材:硬化剤の割合は、10:1、5:1、4:1と言われていますが、当社が主に使用する塗料である最高クラスのものは、主材が100に対し硬化剤が50の割合、つまり2:1の割合です。 硬化剤が多く入ると、乾燥は悪くなるので、仕上がるまでに多くの時間を要したり、乾燥させるための塗装ブースが充実していないと使用するのが難しいですが、出来上がり・仕上がりは、ツヤ&塗膜の硬度とも全く違う素晴らしい仕上がりになります!

3、イタリア製SAIMA(サイマ)の超大型塗装ブースを導入

例えば、ベンツのSクラスや、アメ車のフルサイズもすっぽり入るイタリア製SAIMA(サイマ)の塗装ブースを導入しています。
2でもご説明しましたが、最高クラスの外資系塗料を使用する場合、塗装する際は常温の18度位からスタートして、その後15分位かけて70度に一気に持って行って、その状態で30分から40分乾燥させる必要があります。
最高クラスの外資系塗料などの硬化剤の比率が高いものは、ある程度一気に温度を上げて焼き付けないと「塗装の締まりが悪い」ものであり、それを避けるためにハイレベル・ハイクラスな塗装ブースが必要になります。その上で、SAIMA(サイマ)の塗装ブースは、機能的にもまた年間アメ車等の大型の外車の塗装を扱う当社にとっては、なくてはならない機材です。


ホットロッドなどのカスタムのことならエイビーズ アベ自動車にお任せください。