当時の時代へのこだわり - ホットロッドカスタムのことならおまかせのAbe's アベ自動車

ホットロッドカスタム

当時の時代へのこだわり

Abe'sアベ自動車では、ホットロッドをはじめヴィンテージ車をお預かりする際は、お客様と綿密にコミュニケーションさせていただいた上で、「その時代に走っていた雰囲気」を醸し出すことができるように、製作に気を配っています。

1、製作に関してこだわっている点……色

当然のことながら色にはこだわっています。その当時の風合いをどう出すのか、あの当時の人々にどのように映っていたのかを、時代背景を映した様々な各種資料から想定し、ペイントします。
さらに特殊資料として、1920〜1940年代までのフォードの当時の色見本を所有していますので、限りなくその当時のままの色、リアリティを追求した色で製作することが可能です。


2、製作に関してこだわっている点……パーツ

これも時代背景を映した様々な各種資料から情報を集め、根気強くカスタムアップしていきます。
主なパートは、エンジン、ミッション、足回り、ステアリング関係及び車の内装やメーターなどの計器類が挙げられます。
見えるところは当然として、あまり見えないところまでも、ニーズに応じてそれなりに仕上げていく気概でおります。


3、製作に関してこだわっている点……ファッション

厳密に言うと、同じアメ車でも1940年代と1950〜60年代のファッションは大きく違います。ホットロッドの場合、40年代は戦争が終わった元戦闘機乗りが乗っていた時代背景があり、その際のファッションは主に戦闘機乗りが来ていたフライトジャケットであったりします。また50年〜60年代は映画のアメリカングラフティーに代表されるような、古き良きアメリカ的な、ヘアスタイルをポマードでリーゼントを作ったり、スタジャンやライダースジャケットに代表されるフィフティーズファッションの時代です。
折角でしたら車だけでなく、ホットロッド等の車を通して、その車の時代背景に応じたファッションやアクセサリーも同調されると、その楽しみは倍増するものです。
もちろん、時代背景に関する情報、様々なファッションやアクセサリーなどどういうところで購入することができるのかまで、当社はお付き合いさせていただいております。


ホットロッドなどのカスタムのことならエイビーズ アベ自動車にお任せください。